【000st.net】ネタログについてのトリセツ

本日は「ネタログ」にご訪問頂きまして誠にありがとうございます。

当ブログ管理人のヒカルです。

このブログでは、管理人が気になったニュースやネタや色んな事を書いていく雑記ブログにしていく予定です。

時々、自身の出来事なども書いていきたいと思っております。

「私が疑問に思っていることは、あなたも疑問に思っているであろう!」というエゴイズムのもと、記事を作成しております。

 

管理人のプロフィール

HN:テル

年齢:20代後半

住処:茨城

魅力度ランキング最下位の茨城県の辺境に住む歌と歌うこととアクアリウムをこよなく愛するアラサー男子です。

・・・・・・あと奥さんと子供も愛しています!⇐本当だからねッ!!

 

あと、オカルトとかUMAとかも超好き!

モヘンジョダロがどうして出来たのかも本当に好きだし、あれ絶対に過去に核戦争があった印だよね。

あと地球人の起源は、宇宙人(高次元生命体)によって地球に元々いた猿に遺伝子操作して生まれた説とかガチで信じてる人間です。

ヤバイ、、、、、、これ以上語るのヤバイ素性がバレてしまうのでやめます(・_・;)

 

とにかく、色んな好きな事がどんどん増えていってしまうので、特化型ブログなんて出来ません。

全ての事をひっくるめてネタログであって、テルという管理人です。

なので気に入った方だけ見て頂けると嬉しいなって思いますw

 

え?エロいことは嫌いなのかって?

結婚してる時点で嫌いなわけないじゃないですか!

ただ、ここは健全な子供や大人が見ても良いようなブログにしたいのでここでは書きませんよ。

一応アダルトアフィリもやっているので、そういったところで発散しております。

詳しく教えろって言われても教えません!

見たって全然面白くないのでねw

今の目標は全てのアフィリエイトの報酬合わせて毎月5万円を達成することです。

まぁ、温かい目で見てやってください。

 

 

誰得?ドメイン名【000st.net】の由来

000stの意味ですが、特にありません。

強いて言うのなら、何の意味も考えずに直感だけで決めました。

 

私は以前からブログをやろうやろうとして何度も何度もドメインを取得してきたんです。

それは雑記ブログから特化型のアフィリエイトブログまで色んなブログをやろうとしてきたんですね。

それでブログをやるときは決まってブログ名のドメインを取得してたんですが、数ヶ月経つとその名前に飽きてきて、最後にはドメイン名がそれだからってブログ書くのが嫌になってやめてたんです。

 

そして、以前何かのブログで「ドメイン名にこだわったりするのって無意味」という記事を読んだんです。

その時に、どんなブログタイトルでもいけそうなドメインにしようと思って取得したのがこのドメインです。

 

「000」は○○○を意識していて、「st」はギタリストだとかの「~st」何々する人みたいな意味を込めて・・・・・・そのぉ、バカなので、高卒なのでそういった発想になりました。

何はともあれ「何でもする人」みたいな意味を込めて取得したんです。

あれ、書いてみたら結構意味あったw

 

ただ、改めて「000」の意味を調べて見ると、エンジェルナンバーってのがあるんですよね。

エンジェルナンバーってのは、この世界には常に天使がいて、あなたがふと時計を見たときとかに表示されてるゾロ目の数字とかには必ず意味があるっていう考え方?ってので合ってるのかな?

 

とりあえず「000」の意味ですが「あなたが希望することは、宇宙の力が全てを叶えてくれる」らしいです。

確かに、一目惚れした美少女と結婚できて、子供も出来て、一軒家も建てられたし。

無意識に選んだってことは、そういう事なのだろう。

 

そして「st」の意味もついでに調べて見ると「saint=聖人」つまりキリスト教における聖人の英語名の略語らしいんです。

適当に考えてつけたのがこういうのだと、神秘的な何かを感じざる負えませんね。

 

「全ての願いを叶えられる聖人」って何か中二病が考えそうなキャラクター設定だけど、嫌いじゃないなw

とりあえず自分の思うがままに、気まぐれに更新していこうと思います。

 

その、本当は何かに特化したブログやっていきたいんですけど飽き性なもので縛られると続かないんです。

ですから自分の思うがままに、アクセス数とかPVとかあまり気にせずにやっていきます。

少しでも気になったらブックマークなどお願いしますね♪

 

 画像等の著作権に関して

当サイトで掲載させて頂いている画像等の著作権に関しましては全て各著作権利の所有者に帰属するものとしております。

また、当サイトで掲載している画像等に関して何らかの問題がある場合、記事下のコメント欄かお問い合わせフォームからのご指摘をお願い申し上げます。

即刻削除させて頂きますのでよろしくお願い致します。

 

免責事項

当サイトで提供する記事の内容に関しましては常に正しいものだけを取り上げておりますが、絶対的な保証をするわけではありません。

当サイトの記事によって生じた、いかなる損害においても当ブログは責任を負いかねますのでご了承ください。

それでは引き続き、ネタログをお楽しみください^^!